法律に関するご相談・お問い合わせ043-305-4390受付時間 8~21時(土日祝日も受付)
HOME弁護士費用

弁護士費用

交通事故

弁護士費用特約が利用不可能な場合

完全成功報酬制(初期費用0円)

弁護士費用 獲得した賠償金の10%(消費税別)

※ただし,最低額は以下のとおりとさせて頂きます。
(1)交渉により事件解決した場合 金10万円(消費税別)
(2)訴訟により事件解決した場合 金20万円(消費税別)
※報酬の支払時期は、事件終了時(相手方から賠償金が支払われた後のご精算)です。
※訴訟をして判決を受ける場合、損害額の10%程度が相手方から支払われます。訴訟中に和解をする場合でも、遅延損害金とあわせて同程度の調整金が支払われることが多くあります。こうした運用をふまえた価格設定です。

弁護士費用特約が利用可能な場合

着手金・報酬金方式

多くの弁護士が参考にしていると思われる「旧日弁連報酬等基準」による金額です。

着手金(相手方への請求額を基準として)

  • 300万円以下の場合 着手金は請求額の8%(消費税別)
  • 300~3000万円以下の場合 着手金は請求額の5%(消費税別)+9万円
  • 3000万円を超える場合 着手金は請求額の3%(消費税別)+69万円

報酬金(相手方からの回収額を基準として)

  • 300万円以下の場合 報酬金は回収額の16%(消費税別)
  • 300~3000万円以下の場合 報酬金は回収額の10%(消費税別)+18万円
  • 3000万円を超える場合 報酬金は回収額の6%(消費税別)+138万円

※弁護士費用特約の範囲を超える弁護士費用がかかる場合(自己負担が生じる場合)の調整
(1)自己負担部分について後払い(賠償金受領後払い)とすることができます。
(2)完全成功報酬制による弁護士費用(賠償金の10%)の範囲内となるよう自己負担額を減額します。
※事件の審理を行う裁判所が遠方の場合には、上記着手金・報酬金のほかに、日当をご請求する場合がございます。

タイムチャージ方式

1時間 20,000円※物損事故の案件等で利用しています。

その他の費用

交通費
弁護士が事件処理に関連して事務所外に移動した場合の交通費を指します。電車代、ガソリン代、高速道路利用料金などです。
収入印紙代
裁判手続きを利用する際に、裁判所に提出する収入印紙代です。
損害賠償を請求する金額に応じて金額が変わります。例えば、請求額1,000万円の場合で収入印紙5万円、請求額3,000万円の場合で収入印紙11万円が必要です。
郵便切手代
(1)事件処理において必要とした郵便切手代
  各種連絡文の発送等で利用した場合に、負担をお願いする場合がございます。
(2)裁判手続きを利用する際に、裁判所に提出する郵便切手代
  通常は6,200円で、裁判の相手方の数によって増加する場合があります。

そのほかのご相談

相談料は無料です。
旧弁護士報酬基準を目安とし、無料相談時に事案に応じて明朗、適切な着手金・報酬金をお見積りいたします。

まずはお気軽にお問い合わせください

アクセス

〒261-0004 千葉県千葉市美浜区高洲 3-20-45 細矢ビル401